ホーム > 金融 > 中小企業の融資について

中小企業の融資について

もしも中小企業が融資を利用することになったら、注意点はどこでしょう。会社規模がそれほど大きくない会社を、中小企業といいます。

 

中小企業とはどこまでの規模かは、法律で明確に決められています。

 

ですが、それはいわゆる原理原則の部分であって、実際の中小企業とは、法律の定義とは必ずしも一致しない部分があります。

 

中小企業が日本に占める割合はとても多く、90%以上に至っているともいいます。会社の大きさ以外でも、中小企業と大企業の特徴は違います。

 

よく知られているものに、融資があります。操業資金をどこから得るかは、大企業と、中小企業は違います。大企業は株式や社債などの発行で、市場から調節資金を調達することができます。

大企業と異なり、中小企業は社債や株券以外の方法で、資金を得る必要があります。

 

多くの中小企業は、資金を確保するために、銀行からの融資を利用しています。

 

金融機関から融資を受け、収益を融資の返済に回すという方法です。

 

中小企業が必要としている資金が融資で得られるならば、それでいいでしょう。

 

中小企業の中には、経営がうまくいかずに、銀行からの融資も打ち切られるところもあります。経済情勢が思わしくない近年では、銀行側も将来性がない企業にお金を貸したがらずに、融資を行わないことがあるといいます。

 

中小企業にとって、経営に必要な融資を受ける事ができるかどうか、死活問題ともいえます。個人だけでなく会社単位でもしっかりと考えていかなければなりません。

借金が返せない会社にお金は貸してくれませんからね。

 


関連記事

  1. 中小企業の融資について

    もしも中小企業が融資を利用することになったら、注意点はどこでしょう。会社規模がそ...

  2. 頭が爆発しそう

    経験の浅い方向けのFXの教科書では、「損失を被った場面ではナンピン買いをすること...

  3. コミットメント

    民事再生という方法は住宅ローンを含めて多重債務に苦しんでいる方に対して、住宅を維...

  4. テスト

    テスト記事です。...