ホーム > 金融 > 頭が爆発しそう

頭が爆発しそう

経験の浅い方向けのFXの教科書では、「損失を被った場面ではナンピン買いをすることで、全体の価格をコントロールする事が出来る」などとアドバイスしていますが現実的にはそれは大きな隠れたリスクが待ち受けています。

 

最初に、ナンピンのやり方に関してごく簡単に記述します。

 

たとえば、1ドル100円でドルを買ったとする。

 

$買いなのでドル高に進むほど利益が出るわけだが反対に95円まで円高・ドル安が進んでしまった。

 

その状況で所有し続けたら、マイナスをなくすためには、5円分、円安ドル高に進む必要があります。

 

誰もが、損失は早急にリカバリしたいと願うでしょう。

 

この状況を打破するため最初に売り買いしたのと同額の$を取引します。

 

そうすると、ポジション全体の価格は97円50銭まで引き下げることができます。

 

要するに、2.50円の幅で円安に向えば赤字を回復する事ができます。

 

これが、ナンピンのやり方です。

 

ナンピンの理屈を聞くと、「なるほど」と思ったりするが外国為替市場は簡単には思うようにはいきません。

 

95円が下限だとということなど、予想できません。

 

仮に、為替相場が相当の円高地合だったら1ドル=95円では収まらず、更に一段の円高にいく危険性がある。

 

仮定として、97円50銭でナンピン買いをしたとしても、95円まで円高ドル安に向ったら、ナンピンしたポジションにも差損が生まれることになってしまいます。

 

こういう状況では一番初めにエントリーしたドルと合計で二重のマイナスを被ることになります。

 

それほど、ナンピン買いはややこしいです。

 

それなら、外国為替市場が自らの物語とは反対にさっさと行ってしまった場合、どの対応でリスクを管理すればいいのでしょうか。

 

こういう場合には選ぶべき対策は2つ。

 

ひとつは執着しないで、ポジションを閉じる事です。

 

もうひとつの選択肢としては、自分か保有しているポジションを減らす事で再度為替が回復するのをじっと待つ事です。

 

相当大人しい手法だとみる方もいるだろう。

 

しかし、持っているポジションに損が生まれた時一番正しい手段はこれよりいいものは考えられません。

 

当然、理論上はナンピンを入れるという手法もあるように思えます。

 

しかしながらナンピンは自分か損をしている状態で、買いポジションを無くすどころか、逆に買いポジションを積み増していく手法です。

 

この手法では、危険性をコントロールすることなど、無謀だと考えたほうがいいです。

 

ナンピン買いをしていけばいつかは損失が回復するかもしれません。

 

しかし、それより前に投資資金が足りなくなってしまいます。

 


関連記事

  1. 中小企業の融資について

    もしも中小企業が融資を利用することになったら、注意点はどこでしょう。会社規模がそ...

  2. 頭が爆発しそう

    経験の浅い方向けのFXの教科書では、「損失を被った場面ではナンピン買いをすること...

  3. コミットメント

    民事再生という方法は住宅ローンを含めて多重債務に苦しんでいる方に対して、住宅を維...

  4. テスト

    テスト記事です。...